2018/06/29

最近のこと③

こんにちは、ついです。

サッカー盛り上がってるみたいですね。
私は試合を見ることはできませんでしたが、
Twitterなどでたくさん話をみたので、なんとなくわかりました。
私はどんな場面でも、正々堂々と戦いたいです。


さて、話は変わりますが、
題名通り、最近思っていることについて、書ける限り書いてみようと思います。
いろいろと思うところがあるので、
このブログに書くかどうか、だいぶ悩みましたが、
自分の気持ちを整理するという意味も込めて、文章にします。


私がintebroで、今期主に行っているもの、行ったものは、以下の6つです。
・二年課題である短編映画製作
・一年生課題のチューター
・ラジオのプロジェクトのリーダー
・吹奏楽のサマーコンサートの編集
・オペラプロジェクトのメイキングの編集
・オープンキャンパス生配信への参加


この中でも、私が今一番苦労しているのは、
このブログでも何度も取り上げている、二年課題である短編映画製作です。
シナリオ班として、脚本や絵コンテの作成に取り掛かりましたが、
それについては以前の記事を参照していただければと思います。

以下は短編映画を二年課題として制作していて思ったことです。

今回のこの課題を出されたとき、私は
「自分なりに精一杯、できる限りのことを頑張ろう」
と決意しました。

そのため、シナリオ班での話し合いでも率先して話に参加し、意見も出し、友人の原案を元に、脚本を一人で作成したりもしました。

また、絵コンテも最初は一人でやろうかと考えたのですが、
自分一人でやりきれる仕事量ではないと感じたため、
シナリオ班のみんなに協力してもらい、案を考えてきてもらってから、
それを元に、私が最終的に完成させるという形にしました。

ですが、全員絵コンテを作成した経験がほとんどなく、
みんなから私が受けとったものは、正直あまり完成度の高いものではありませんでした。

しかし私は、シナリオ班のみんなの案を元に、
しっかりした絵コンテを作成しようと考えていたので、自分でもう一度描きなおし、
絵コンテの得意な先輩に添削や、アドバイスをしていただいたりしました。
そのアドバイスを元に、何度も何度も書き直し、
今の自分なりに納得のいくものを作成しました。


そして今は、撮影に取り掛かっています。
撮影は、基本的にはカメラ班の仕事なのですが、
前回の記事でも書いた通り、シナリオ班にもやらなければならない仕事はたくさんあります。

ですが、ここで問題が生じました。
シナリオ班の主な仕事は、画角の確認や、演技指導だと考えているのですが、
カメラ班から参加できる人数が足りずに、
それ以上の仕事をしなければならないことが多々ありました。
一人一人に予定があることもあるので、
カメラ班全員の予定を合わせることはもちろん大変ですが、
私は、シナリオ班として、できる限りのことはやったつもりでいたので、すこしやりきれない気持ちになりました。

以前からこの時期に撮影を行うことは決まっていたのに、
撮影に毎回参加してくれている人がいる中で、
カメラ班なのに、まだ一度も参加していない人などもいて、
全員が協力をすればもっと早く良いものができるのに、と残念な気持ちになりました。


また、その件を通じて、情報共有もとても大切なことだと感じました。

二年生の間で、情報共有がもっとうまくいっていれば、一人一人が受け身にならず、積極的にこの課題に参加できる人が多い環境がつくれていたのではないかと思います。

カメラ班の人数が足りないという問題が上がったときに、
私なりに考えて、カメラ班全員に、
・現在人数が足りていないので、撮影には可能な限り参加してほしいこと
・現状ではシナリオ班が、本来しなければならない仕事に集中できていないこと
などを伝えたりしてみましたが、あまり状況は良くなりませんでした。


私は今回、この課題を、二年生全員が成長するにあたって、とても大切なものだと考えています。
そのため、自分ができることは、可能な限りやってきたし、これからも、この映画が完成するまで、やり続けていくつもりでいます。

絵コンテについてアドバイスをしてくれた先輩に、
「今回苦労したことは、必ず自分の糧になる」と言われました。
まさにその通りだと思います。

今回この課題で自分が頑張ったことは、必ず自分の力になる。
それに、このように二年全員が協力して作品を作る機会は、今後ないかもしれません。

私は自分が後悔しないように、
この課題にこれからも全力で向かって行こうと思います。



がんばります。


つい

1 件のコメント:

  1. 頑張ってね。余り力になってあげられなかったかも知れないけど、応援してます。

    返信削除